クラウドマイグレーションによる企業のメリットとは

クラウドマイグレーションとは、自社サーバーなどで運営していた従来の業務システムを、専門事業者の提供するクラウド領域に業務システムを構築して運用する環境に移行することです。顧客ニーズに変化のある時代に、迅速な業務推進が必要不可欠である今、オフィス環境の更なるIT化は合理的であり、クラウドマイグレーションはその形態の一つであると言えます。

例えばTCOに関わる負担軽減が見込め、導入時は、利用中のソフトウェアの買い直しのコスト負担が無いことや、短期間に業務を中止せずにクラウド化へ移行でき、また、必要なソフトウェアやアプリケーションをインターネットを介してレンタルする形で利用できるので高価なソフトウェアの購入の負担が無くなります。

クラウドマイグレーションに関してとにかく簡単に調べられます。

業務運営を自動で行うため、手間と時間がかかる上に利益の出ないバックオフィスに関わる人件費の軽減やソフトウェアのアップデートなどの管理の負担、または、更新時にかかるコストなどを削減でき、これにより、本来業務に集中したオフィス環境を実現できます。

livedoorニュースについての情報を簡単に探すことができます。

また、データ消失などのリスクからも業務を保守でき、BCPの観点から、震災や火災、水害などが原因で自社サーバーが故障した場合の負担軽減やセキュリティの強化にもつながります。



企業の電力削減の実現にもクラウドマイグレーションは密接に関わるテクノロジーとも言え、自社サーバーが不必要になることで消費電力のコストダウンになり、また、インターネット環境下であれば場所を選ばず業務が可能なため、在宅勤務の推進が省電力化となります。