dbマイグレーションでツールを使いたい場合

dbマイグレーションでは手動でテーブル定義などを修正することも可能ですが、3点の理由からツールの利用が多くなっています。
1つめは作業効率です。

dbマイグレーションでは多数のテーブルの保存、修正、デプロイ、テストを行いますが、それぞれ手作業で行うと指示書があったとしても間違いやすく、手間がかかります。

そこでツールの出番です。
指示書をツール用に書き換える作業は必要ですが、手順を確認しやすいく、また、間違いに気づきやすい、テストサーバでテストできることが利点です。

ツールによっては完全に自動化できるものも多く、作業効率が格段に上がります。

2つ目は間違いが少ないことです。
dbマイグレーションではパラメータ調整も重要になりますが、手動での切り替えは間違いを誘発します。

指示書を適切に書くことでツールの動作を指定できますし、動作はログに残るので確認もし易いです。

作業は数時間におよぶことも多いので途中経過をチェックするのも確実でしかも容易に行う必要があります。



手順書とログを見直すツールもありますので作業を確認しながら行えます。

Infoseek ニュースに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

3つ目はテストです。作業が終わったあとで各種テストをしますが、負荷チェックでも、動作確認でもプログラムとの連携チェックにおいても自動化できますので効率が上がり、また、適切なテストとなっているか確認しやすいのがメリットです。
ツールは個別の機能ごとに組み合わる場合もあり、自由度が高いのもメリットです。

初めてでもわかりやすい、dbマイグレーションの詳細情報を掲載しています。