マイグレーションサービスでウェブアプリを作る

マイグレーションサービスは既存のハードウエアやソフトウエアを要望に合わせてコンバートするサービスですが、特に注目されているのが既存のローカルパソコンで稼働しているアプリケーションをウェブブラウザで稼働させるコンバートです。


ウェブアプリにする理由は2つあり、1つはOSに依存せずに長くアプリケーションを使い続けられること、もう1つは開発環境をオープンにできることです。

企業用アプリケーションの多くはマイクロソフト社の開発環境で作られていることが多く、中でもVisualBasicで作成されたアプリケーションが多くなります。VBアプリとも呼ばれ、開発が簡単なことから多数のアプリケーションが現在も稼働しています。

このサイトでマイグレーションを求める人にお勧めしたいサイトです。

しかし、VBアプリはWindowsのバージョンと強く関連し、Windowsのサポート切れに合わせて利用できない場合も少なくありません。



そこでマイグレーションサービスを利用してウェブアプリにすることでWindowsのバージョンに関係なく利用できるようにしたいという要望が多くなっています。

はてなブックマークが一般的になってきました。

2つ目はマイグレーションで利用する開発環境をオープンなものにしたいという要望です。

マイクロソフト社の開発環境は便利ですが、バージョンを上げなくてはならない場合が多いこと、古いバージョンでは最新のWindowsで稼働しないケースが多いなどクローズドな環境という欠点があります。

そこでPHPなどオープンな環境に移行して長期的に利用したいと考える企業が増えています。